イントロダクション

誰もが不安を抱えるいまだからこそ
見えてくるがあ

高度経済成長の終焉から半世紀。
急激な人口減少社会、ますます広がる貧困や格差は、
否応なく私たちに様々な価値観の転換を求めています。
そんななか起きた2011年3月の東日本大震災———
それは、被災地のみならず、いまを生きる私たちに、
あらめて“これから、どう生きていくのか”という問いを投げかけました。

本作は、これまで長きにわたり、競争、効率、自己責任…ではなく、
持続可能な社会への仕組みづくりを地域の人とともに模索・実践し続けてきた
ワーカーズコープ(協同労働の協同組合)による東北被災地での取り組みを22ヶ月間にわたって記録したものです。

変わりゆく東京の下町でのワーカーズコープの取り組みの様子を描いた「Workers」(2012)に続く、ドキュメンタリー第2弾。

 

 

 

 監督:森 康行
 企画:田中羊子 横山哲平
 ナレーター:山根基世
 配給:一般社団法人 日本社会連帯機構
      日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会
 製作著作:日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会・センター事業団

2018年/89分/HD/16:9/カラー/日本/ドキュメンタリー